祇園祭の思い出その1:まえがき

今年(2018年)の夏は、4年ぶりに関東で迎えることになりました。昨年(2017年)までは京都で夏を過ごしていたので、夏になると、あの「祇園祭」で京都の中心部、祇園界隈はお祭りムード一色になり、その華やで荘厳な雰囲気にしばし酔いしれたものでした。 私たち夫婦は、夫の職場から近い場所に住んでいましたが、そこが祇園祭の山鉾町(やまほこまち)である「蟷螂山」(とうろうやま)が近かったので、祭の準備のお手伝い(裏方作業)を少々手伝ったりしていました。こんな貴重な経験ができたことは、今となっては幸運だったなと思います。そして今年度(2018年)は、祇園祭のクライマックスでもある「前祭山鉾巡行」では、なんと蟷螂山が一番くじを当ててたというニュースを知りました。 祇園祭ってそもそもどんな祭なのか、かなりざっくりと言うと、、、、 ・日本三大祭のひとつ・歴史は古く、1,000年以上前から続き、京都の町の厄を払い、神様に感謝するお祭り。・祇園祭最大の目玉である「山鉾巡行」は、ユネスコ世界遺産登録。「前祭(さきまつり)」と、「後祭(あとまつり)」の二回に分けて巡行が行われる。その前前前世、ではなく、前前前夜(?)として「宵山」という期間があり、その時期はお祭りモードが最高潮。・巡行以外にも八坂神社等を中心とした神事、行事が色々あり、トータルすると7月のはじめからおよそ一ヶ月間祭が続く。 とにかく色々な行事や見どころがギューっと詰まっているので、私の拙い文書ではとても説明しきれないので、ネットをご利用の方は京都市…

続きを読む

大人向けパックマンバッグを作成

新宿にある「オカダヤ 」さんで、パックマンの生地をみつけました。 パックマンといえば、概ねアラフォー以上の世代の方にはおなじみのゲームですが、私は最近になってニンテンドークラシックミニを購入してからプレイしたのですが、結構難しく、まだ小学校の頃にやりなれていたスーパーマリオの方がまだマシというぐらいでした。 その、ゲームの画像を生地にしたというナイスアイデア!これを見た途端、これは、裏地を張ってバッグにしたいなと直感のようなものが働き、とりあえず「メイズ柄」オックス生地の黒色を1メートルほど購入。手作りのバッグだったら1メートルあれば足りる長さですので、最初はまずこれを購入。 自宅にて、購入した生地とバッグの作り方に特化した手芸本を読み返し、自分の中で色々アイデアを煮詰め、およそ3年ぶりに使い始めたアドビのAIを使って、完成予想図案を作ったのでした。数年ぶりにイラレを使ったので、以前のものと(確かCS5ぐらい?)仕様が色々違っており、ここまでもってくるのがやっとでした(汗) 持ち手と底部分切り替えに黒の無地を配置。「アラフォー世代でも使えるキャラクターグッズ」ということを意識したデザインです。パックマンの生地のベース色が黒なので、この黒を生かした大人っぽい雰囲気にまとめたいと思いました。大きさはA4サイズの書類が横向きで無理なく入る大きさですが、横幅は40cmを切っています。私のように小柄な人間だと横幅が広すぎるバッグだとちょっと扱いにくいことがあるので。(旅行カバンなどは別) 内側に仕…

続きを読む

鳩とカラス対策(2018年5月現在)

新居に引っ越してから4月中旬以降、飛来してくる鳩やカラス対策の日記です。 以前の京都の住まいでは鳥がベランダにやってくることは皆無だったのでこれは私も夫も想定外。しかし早めに対策をしないと、ベランダに棲み家を作られても困るので、鳥避けの対策に乗り出しました。主に4月中の記録をまとめました。 (1)現状の鳥被害レベル ネットを検索すると「日本鳩対策センター」という会社がヒットしました https://www.hatotaisaku.jp 私はこんな企業があることを知らなかったのですが、自宅やマンション以外、公共施設や工場でも鳩害対策が必要だとすると合点がいきました。 その中の「鳩の被害レベル」のページ https://www.hatotaisaku.jp/level/ こちらのページで判断する限り、4月現在では自宅の現状は被害のレベル1程度。 この段階ならまだ鳩やカラスを自力で追い払うことは十分可能なので、引っ越してから手付かずだったベランダの掃除と、マンションの外観規制にひっかからないよう、目立たないもので対策する方向で検討することに。 薄曇りで風のほとんど吹かない日の朝から、まずはお掃除。 鳩やカラスが非常によく留まる屋外の給湯設備の上側、窓、エアコンの室外機周りも可能な限り綺麗にしようとしましたが、作業は中々大変。中でも給湯器の上部は、ベランダ床面から2M程上にあるので、男性でも脚立を使わないと掃除ができない高さだったので、止むを得ず私は三段の脚立をベ…

続きを読む