服(ブルゾン)をお直ししました

私は大学生の頃から古着が好きでした。ビンテージの服は勿論のこと、現在市場に出回るアパレルの中古品クラスでも、よほど状態が悪いものでなければ愛用します。昨年頃からはZOZOTOWNの古着サイトZOZOUSEDをほぼ毎日チェックして、掘り出し物を物色しています。今回はZOZOUSEDで、冬用の中古のフェイクファージャケット、ウール地のブルゾンをそれぞれ1着づつ購入しました。どちらもデパートの婦人服フロアにお店があるようなブランドで、ジャケットが3千円、ウールが2千円で、ZOZOのポイントを使って割引がきいたので、送料込みで4千円ほど。どちらも中古品のランクとしては評価はAランク(上から順にS、A、B、C、Dと格付けされている)でしたが、個人的には今回の商品はどちらもBランク程度かなぁ・・・と思いました。なぜかというと、届いたそのままの状態ではどちらも着用の際に不都合があったからです。まず、ファージャケットは前面のフックが一部曲がっていたり、糸がほつれていたり。服本体はダメージはほとんど無いようでしたので、フックは自宅にあるラジオペンチで形を調整してほつれを直して原状回復。若干臭いがあったので、洗濯絵表示では洗濯NGでしたが、組成がアクリルやポリエステル中心だったのでアクロンで洗ってしまいました。おかげでキレイになりましたが結果オーライなので、心配な方はクリーニングに出すことをおすすめします。そして、問題はウールのブルゾン。デザインはとても気に入っているのですが、こちらは少々厄介でした。理由はこの3つ(…

続きを読む

大人向けパックマンバッグを作成

新宿にある「オカダヤ 」さんで、パックマンの生地をみつけました。 パックマンといえば、概ねアラフォー以上の世代の方にはおなじみのゲームですが、私は最近になってニンテンドークラシックミニを購入してからプレイしたのですが、結構難しく、まだ小学校の頃にやりなれていたスーパーマリオの方がまだマシというぐらいでした。 その、ゲームの画像を生地にしたというナイスアイデア!これを見た途端、これは、裏地を張ってバッグにしたいなと直感のようなものが働き、とりあえず「メイズ柄」オックス生地の黒色を1メートルほど購入。手作りのバッグだったら1メートルあれば足りる長さですので、最初はまずこれを購入。 自宅にて、購入した生地とバッグの作り方に特化した手芸本を読み返し、自分の中で色々アイデアを煮詰め、およそ3年ぶりに使い始めたアドビのAIを使って、完成予想図案を作ったのでした。数年ぶりにイラレを使ったので、以前のものと(確かCS5ぐらい?)仕様が色々違っており、ここまでもってくるのがやっとでした(汗) 持ち手と底部分切り替えに黒の無地を配置。「アラフォー世代でも使えるキャラクターグッズ」ということを意識したデザインです。パックマンの生地のベース色が黒なので、この黒を生かした大人っぽい雰囲気にまとめたいと思いました。大きさはA4サイズの書類が横向きで無理なく入る大きさですが、横幅は40cmを切っています。私のように小柄な人間だと横幅が広すぎるバッグだとちょっと扱いにくいことがあるので。(旅行カバンなどは別) 内側に仕…

続きを読む