ハロウィン仮装は今年はお休み

める屋です。 毎年この時期になると、街はハロウィンムードになりますね。オレンジと紫と黒、最近はピンクや赤、青緑系もあるのかな?配色的にも見て楽しいし、ちょうどこの時期は秋の一番良い時期で比較的天候も安定していて、仮装などで楽しむには良いですよね。 日本でのハロウィンは、諸外国、あるいは欧米のハロウィンを実際知っている、体験された方には「??」と思う部分もあるかと思いますが、私個人的には「公共の場で迷惑をかけない程度だったら、楽しむのはアリ」だと思っております。それを言ったらクリスマスだって今や世界中に広まっているし、季節の行事があることで、心の切り替わりだったり、人と人との親睦を深めるという作用があるんじゃないかと。さらに私は手作業が好きな人間なので、昨今コスプレイヤーさんが手作りで一生懸命衣装を作ったり、お母さんが子供のためにかぼちゃの衣装を作ってあげるなんていうのは、もちろん製作するのは大変ですが、何かに一生懸命だったり夢中になるものがあるということで、良いんじゃないかなと思います。 私はこれまで夫と過去数年、ハロウィンの仮装の衣装を作って、特に京都在住時代は、ご近所の仮装仲間の方と私たち夫婦で合同で、なじみの飲食店などに、(仮装での入店の)許可を取った上で仮装でおじゃまして、お店にいた他のお客様と一緒に記念撮影をしたり、時にはお菓子やドリンクまでもらったりして(笑)そぞろ歩きでいくつかのお店をハシゴして、本当に楽しく過ごさせていただきました。ある意味京都という徒歩圏内にコンパクトに色々…

続きを読む

平成最後の後悔

私はあまり後悔をすることは無かった人生です。色々あっても「その時なりにベストを尽くした、それが限界だった」ということが答えになるので。しかし、平成の最後に、一つだけ後悔することがあります。それは、「安室ちゃんのことをもっと好きになっておけばよかったーーー😵」いや、たとえ本人が引退したとしてもこれからファンになっても全然おかしくないのですが。実際私は山口百恵やキャンディーズ、昔の洋楽だって、引退、解散、時には本人逝去後にしてからしっかり聴き始めたわけだし。とは言っても、一度あのライブは行ってみたかった…かな💦💕私と安室ちゃんは世代が近く(安室ちゃんが2歳下)彼女のデビューした直後の、ロッテのマスカットガムのCMで、細身のサル顔で目がクリっとした女の子が踊っているなと知ったのが最初でした。当時私は高校生。同じ部活の友人が、目がクリっとしていて痩せ型だったので、友人に「マスカットガムの女の子(安室ちゃん)になんだか似ている」という話をしたことがありました。(愛してマスカットがCMソング)その後安室ちゃんが徐々にドラマの端役や音楽番組に出演し始めて、「あ、あのガムの子だ」(ポンキッキーズは見ていなかった)と、一致したのです。そしてその時に初めて彼女が沖縄出身だということも知ったのかな。私は母が沖縄出身で、母方の親族と幼少期から交流が深かったので、沖縄が大好きで、その点も安室ちゃんに対して勝手に親近感?を抱いていました。(さらに言えばアクターズスクールも、親族の自宅の近所にあったというし)その後、1990年…

続きを読む

水産、からの、農業(夏の高校野球100回大会)

2018.8.21決勝戦。甲子園の試合を涙流しながら見たのは初めてでした。地方の県立(公立)の農業高校から甲子園勝ち上がってきたミラクルと、決勝戦中盤から力尽きながらも、強豪大阪桐蔭を相手にチーム一丸で最後まで助け合いながら試合に挑んだ姿に、加齢のせいか徳光和夫アナ状態になってしまったのでした(T ^ T)本日の高校野球、甲子園球場の入場者数は過去最高だった1990年を上回ったとのこと。1990年は第72回大会の時でした。この年は、忘れもしない、私が高校一年の時で、決勝戦は奈良の天理高校と沖縄水産との対決でした。私の母が沖縄出身で(母の出身高校が沖縄から最初に甲子園に出場した首里高校だった)沖縄勢が初の決勝進出ということで、連日水産高校を応援しておりました。が、天理高校の前に力尽き、沖縄県民の悲願だった優勝はお預けとなったのでした。沖縄県民にとっては甲子園での優勝というのは戦後からずっと続いていた特別な思いがあり、その悲願が達成されるか…!という期待が、甲子園球場の入場者の数に込められていたのかと思います。今回の金足農業も、地方の公立高校ながら優秀な投手を擁し、強豪揃いの私立に果敢に戦いを挑み、仲間同士支え合いながら勝ち進んできた軌跡が、私はかつての沖縄水産に少しダブって見えてきました。 正直、私も埼玉のいわゆる普通の公立高校出身なので、公立である金足に頑張って欲しい…とは思っていたけれど、私立高校の強豪は情報量や戦略の引き出しや選手の層のレベルが違いすぎるから(準々決勝で埼玉の浦和学院が桐蔭に…

続きを読む