冬の沖縄旅行2019:その4

今回の旅行前半の最大の観光イベントに参加してきました。

大人が喜ぶイベントですが、もちろんお子様でも大丈夫です(笑)


\( ˆoˆ )/23.gif23.gifオリオンハッピーパーク23.gif23.gif \( ˆoˆ )/

1月21日

この恩納村滞在期間で唯一のイベント(?)として、沖縄が誇る麦のお酒、オリオンビールの見学会に行くことにしていました。会場はオリオンハッピーパークという見学用施設。施設内にレストラン「やんばるの森」や、オリオングッズのショップもあるのですよ旅行前に事前予約をネットで申し込みして、当日朝は軽めの朝食で済ませ、恩納村から車で約50分程度の場所にある、沖縄北部の名護市に向かいました。

ちなみに名護の先には、いまや日本を代表する大人気の水族館「美ら海水族館」があるのですが、4年前に一度行ったので今回はパス。というか、オリオン工場見学の後には、なんとビールの試飲ができるのですよ。そんな素晴らしいお楽しみを抱えていますのでね。ふふふ。

8800045_2304174492_44small.jpg

午前11時ちょっと過ぎ、見学ツアースタッフのお姉さんの説明からスタート。見学者はバッジを身につけ、ツアーが終了したあとにこのバッジと引き換えに試飲コーナーで飲み物と交換できます。(写真のように目立つ場所にバッヂをつけましょう)なお、ドライバーの方や未成年の方は当然のことですが、ソフトドリンク限定になります。この日は私たちも含めて30人ほどいたのかな?アジア系の旅行者も3分の1程度いました。後で調べたら海外からのお客にも人気のようです。

8800045_2304174491_121small.jpg

8800045_2304174490_235small.jpg

8800045_2304174489_102small.jpg

この日はあいにく工場のラインが一部稼働していなかったので、ちょっと物足りなかったのですが、巨大な醸造、貯蔵のタンクや、出荷用の業務用の樽などを見ていたら、この場所から沖縄県内や全国に出荷されていくのか、と感心するばかり。大手のビール会社は全国にいくつもビール工場があったりするものだけれど、オリオンはこの名護工場が拠点。名護の水がビール作りに向いているということで、お酒と水の関係を改めて実感しました。京都在住の時には日本酒を通じて水の存在を実感したのだけれど、沖縄でもまた同じことがあったのね。

さて!

見学が終わり、やんばるの森の見学者専用シートに移動して、お待ちかねの試飲タイム突入!!!私たちがこの日いただいたのは、通常のオリオンドラフトと、名護地域限定のナゴビールの二種。ドラフトももちろん良いのですが・・・・

8800045_2304174488_92small.jpg

ナゴビール、美味しすぎるでしょ!どう美味しいのか説明が難しいのですが・・・夫のコメントでは「フルーティー」だと。

確かに苦味とかよりも、まろやかさとか、女性向け?みたいな味わいというか。沖縄でもこのナゴビールが飲めるのは、やんばるの森か、名護周辺の飲食店のみという、希少性の高いものをいただけて、ちょっと特別感というか優越感に浸る私たち。幸せだなぁ(笑)

し・か・し、

試飲だけで私たちが満足できわけないので(笑)今度はレストランの有料メニューをオーダーすることに。試飲タイムは30分限定ですが、レストランを利用すればそれ以降ももちろん滞在OKです。この日は平日ということもあり席に余裕はありましたが、個室にはおそらく旅行会社の団体様のご予約席がずらり。私たちは2ターン目のナゴビール(しかも量増えているしw)と、美味しかった牛肉のオリオンビール煮やサーモンなどでお昼ご飯。朝軽めにしてきてよかった。幸せだなぁ🍖\( ˆoˆ )/🍺

お食事の後、併設のオリオンビールグッズのお店で限定Tシャツやポロシャツなどを購入して、ちゃんとオリオンの会社へ利益還元して、ハッピーパークを後にしたのでした。 (夫婦で総額1万近く散財しました)

------------

日本一桜の開花が早い公園88.gif

8800045_2304174486_243small.jpg

さて、その後に名護工場から近くにある「名護城公園」(なんぐすくこうえん)に足を伸ばしたのですが、これが大変だった!

8800045_2304174485_173small.jpg

ものすごい階段の数と、昇っても昇っても頂上が見えてこない。広大な敷地と城跡ゆえに小高い地形となっており、苦行みたいになってしまうので途中で断念して下山することに。

こちらは車で頂上まで行けるようなので、無理せず車の方が良さそうです。。。。

8800045_2304174484_127small.jpg

桜の開花時期は大変美しい姿となるようですが、私たちが訪れたときはまだほんの少しだけの開花でした。

その後、市街地を少し歩いて、A&Wという沖縄だけにあるハンバーガーのお店で休憩。ルートビアが有名ですが、毎回沖縄に行く時は一度は立ち寄るこのA&Wですが、今回はこの名護店を利用。一休みしてから、そろそろホテルに戻ろうかと計画。しかし、那覇と違ってゆいレールもないし、タクシーもそこまで多く通らないので、どうしたものかと思っていたところ、店の近くに路線バスの停留所が。本数は30分に一本程度でしたが、運良く良い時間帯に恩納村方面行きのバスに乗車ができたので、これでホテル近くのバス停まで戻ることに。ちなみにスイカは使用不可で沖縄県内専用のICカードか現金払いのみ。沖縄滞在中に路線バスを使うことが今まで皆無だったので、これは学習しました。

その夜はホテルからまた近くのレストラン「島バーグと島カレー」にて。今度は石垣牛だけでなくあぐー豚のハンバーグなどもありました。こちらのお店にはなぜか猫様が数匹いらっしゃってました(笑)今回は焼き物だったけれど、カレーも気になるな。でもって部屋に戻る際にオリオンビール見学会の復習をすべく売店でオリオンを買って戻っていくという。。。1日ビール漬けの私たち夫婦でした(笑)


ところで、ちょっと話が戻りますが、1・20の夜は、NHK特集にて安室ちゃんの最後のインタビューを放映していました。ドキュメント平成史という番組で、この時はじめて安室ちゃんが、数年前から声帯にダメージを負っていたことを知りました。

沖縄に来て安室ちゃんのテレビを見るとは、偶然だったけれどしみじみしました。ホテル内のブッフェには地元の人も来ていると書いたのですが、安室ちゃん系のうちなんちゅ(細身で小顔でちょっとサル顔っぽい顔立ち)のおばさんもいて、安室ちゃんもこんな感じで普通の人になっていくのかな、肩の荷を下ろしてゆっくりできると良いな、なんて思ったりしました。

つづく。