冬の沖縄旅行2019:その2

019年、私たちは結婚満4年が経ち、5年目に突入しました。

が、実はまだ未実行だったのが「新婚旅行」世間的にはにもう新婚ではないのですが(笑)昨年から夫の転勤や仕事での変化があり、会社を立ち上げてから立場上長期の休みを全く取れなかった夫も、ここいらで小休止して新婚旅行を決行しようじゃないかということになりました。

場所は冬の沖縄、挙式したムーンビーチへの再訪、後半は那覇というプランで、およそ数ヶ月前から準備をしておりました。今回は全体にのんびりしたスケジュールと、あえて有名観光スポットには行かず、オフシーズンの沖縄で過ごした話を中心に書いていこうかと思います。



226.gifいざ沖縄へ

今回の旅程は、2019118から26までのという長期プランでした。18日の沖縄行きのフライトが午前中だったため、今回は空港直近のホテルにて前泊していました。夕方に自宅を出てホテルへ。夫も仕事を少し早めに切り上げて羽田に。羽田空港内、飛行機に乗る以外は普段は行く機会はほとんどないですが、レストランやショップ、もちろんお土産売り場もたくさんあってちょっとテンションが上がりました。翌日はちょっと早めにチェックアウトしてJALの搭乗口へ。

8800045_2303692730_91small.jpg

この日は天気も良く、飛行機も問題なく出発しました。いざ沖縄へ向け、二時間半のフライト。

私が初めて飛行機デビューしたのは幼稚園の時でした。当時は飛行機という特別な乗り物に乗れるワクワクが先行していましたが、年齢を重ねるに連れて、離着陸の際に身構えるようになってしまいました。四十路超えたら不惑だなんて、私には当てはまらないことがわかりました。ちなみに今回は新婚旅行企画なので座席はクラスJJALの機内ではwifiも使えます(事前にアプリやメアドの登録など準備が必要)が、ずっとウォークマンで曲を聴いてたり、機内誌を読んで物欲を程よく満たしたり時々ウトウトしたりと、まぁ、普通(笑)

8800045_2303692728_167small.jpg

窓から見えた富士山は雪化粧。



そして、無事那覇空港到着、およそ一年数ヶ月ぶり。降り立った瞬間がとても暖かい!とりあえずダウンコートはなくても大丈夫だけれど、カーディガンは着ていた方が良いかなという感じでした。この日は那覇で昼が20度ぐらい、夜はそれなりに冷えたのですが、暑がりの夫は翌日から早速半袖になったぐらいです(笑)

到着の時刻と、ホテル行きの沖縄中部恩納村方面の空港リムジンバスの時刻が微妙に合わなかったので、今回は行きはタクシーで。シーズンオフということもあり、空港からは沖縄自動車道(高速道路)経由でおよそ1時間弱でホテルに到着。



ああ、到着しましたよ。4年ぶりのムーンビーチホテル!

8800045_2303692727_127small.jpg

繰り返しますが、今回は新婚旅行なのでちょっとエエ部屋で夫が申し込んだのですが、申し込み当時はグレードでいうと上から3番目ぐらいの部屋でしたが、なんと結婚式で宿泊した部屋と同じグレードにアップ、さらに驚いたのは、4年前の挙式の当時の記録が残っており、夫にキノコ類の食物アレルギーがあることまで記録が残っていたのです。そして、お部屋の方には、リピーターのお客限定でのフルーツのサービスまで。

8800045_2303692726_7small.jpg8800045_2303692725_11small.jpg

ここまでされちゃったらもう次もここに来るしかないじゃないですかヽ(;▽;)よし!またお金稼いだり節約して旅費ためて沖縄いくぞ!オー!



ホテル周辺、夕刻、一つ一つが美しい。

8800045_2303692720_84small.jpg8800045_2303692723_129small.jpg8800045_2303692721_236small.jpg

ホテル内のラウンジ「ラナイ」でウェルカムドリンクをもらって乾杯

8800045_2303692722_41small.jpg



夕食はホテル内の和食レストラン「ゆらぎ月」にて。恩納村のリゾートホテル一帯には、いわゆる居酒屋系などカジュアルな沖縄料理のお店が多いのですが、こちらはホテル内のレストランということもあり、この界隈では貴重な落ち着いた大人向けのレストランです。早い時間から入ったのでゆったりと過ごしました。沖縄に来たので今回は泡盛からスタート。ああ、またこの地に来たんだよ私たち。(さっきからそればかり)

ところで沖縄の料理の中で、ゴーヤチャンプルーなどは定番で、最近はスーパーでも普通に苦瓜が入手できるようになったので、作りやすいメニューの一つですが、未だにちょっと作るのが苦手なものがあります。それは「もずくの天ぷら」これは京都に住んでいた時から生もずくでチャレンジしてみたのですが、いまいち自分の納得できる仕上がりにならなかったのです。結局あきらめて最近ではほとんど作らなくなってしまいました。なので、沖縄系のお店で外食する機会がある時は、もずく天がある場合はほぼ100%注文しています。今回もシママース(沖縄の塩)でいただきましたが美味しいですね。


食後に、最も近いスナック「星の砂」へ。実は4年前の挙式の際にも突入しまして、当時はご結婚おめでとうということで店内で大変祝福されました(笑)この日は入店したばかりは空いていたものの、夜が深くなるにつれてだんだんとお客さんが大入りに。私たちは二時間ほど滞在していましたが、ゴルフやマラソンなどスポーツイベントのために沖縄に来た観光客の方や地元の方など、スーツ姿の方もいましたのでお仕事帰りかな?豪快に歌ってお飲みになられていました。

今回、この星の砂では個人的にいくつか収穫がありました。

一つは泡盛の飲み方。それまで私たちはロックでチビチビやることが多かったのですが、沖縄では水割りにして飲むのが多いそうです。その方が長期戦?で飲んでいられるからとかそうでないとか(笑)確かに、泡盛の古酒となると、度数も3~40度前後になってくるし、度数が高いと急激に回ってしまうし。この日以降泡盛は水割りがスタンダードになったホンネ一味でありました。

もう一つは、この日聴いたカラオケの曲。地元のお客さんが歌った「LADY」という曲に私はひとめぼれ、ならぬひと聴き惚れしました。沖縄民謡風ブルース調とでもいうのかな?「フェーシ」という男性三人組が歌っているものですが、カラオケは20191月現在JOYSOUNDDAMに入っています。

グループの紹介ページはこちら

http://www.ryukyu-wave.com/artist/att7004_feishi.htm

Youtubeだとこれかな?

https://www.youtube.com/watch?v=xz4X_mVgpGc

私はiTunesでこの「LADY」を購入しました。カラオケスナックなどでお客さんが歌っている歌で「いいな!」と思ったものは今の所全部個人的にはアタリ曲(自分の感性にピタっと来たという意味です)なのですが、今回もそれが的中しました。

星の砂を出たあと、ホテル内の売店へ。こちらで沖縄そばのカップ麺が売っていたのでベランダに出てお夜食という感じで。マルちゃんと明星の2社が出していましたので、食べ比べしても面白いかも。個人的にはマルちゃん派です。

8800045_2303692718_122small.jpg

夫は半袖です(笑)