ハロウィン仮装は今年はお休み

める屋です。

毎年この時期になると、街はハロウィンムードになりますね。
オレンジと紫と黒、最近はピンクや赤、青緑系もあるのかな?配色的にも見て楽しいし、ちょうどこの時期は秋の一番良い時期で比較的天候も安定していて、仮装などで楽しむには良いですよね。

日本でのハロウィンは、諸外国、あるいは欧米のハロウィンを実際知っている、体験された方には「??」と思う部分もあるかと思いますが、私個人的には「公共の場で迷惑をかけない程度だったら、楽しむのはアリ」だと思っております。それを言ったらクリスマスだって今や世界中に広まっているし、季節の行事があることで、心の切り替わりだったり、人と人との親睦を深めるという作用があるんじゃないかと。さらに私は手作業が好きな人間なので、昨今コスプレイヤーさんが手作りで一生懸命衣装を作ったり、お母さんが子供のためにかぼちゃの衣装を作ってあげるなんていうのは、もちろん製作するのは大変ですが、何かに一生懸命だったり夢中になるものがあるということで、良いんじゃないかなと思います。

私はこれまで夫と過去数年、ハロウィンの仮装の衣装を作って、特に京都在住時代は、ご近所の仮装仲間の方と私たち夫婦で合同で、なじみの飲食店などに、(仮装での入店の)許可を取った上で仮装でおじゃまして、お店にいた他のお客様と一緒に記念撮影をしたり、時にはお菓子やドリンクまでもらったりして(笑)そぞろ歩きでいくつかのお店をハシゴして、本当に楽しく過ごさせていただきました。ある意味京都という徒歩圏内にコンパクトに色々なスポットが集まっているという立地条件もあったからこそのハロウィンだったかもしれません。嗚呼京都の日々よ、懐かしい・・・・。

ですが、今年から再び関東での生活、さらに今年の後半から公私共に私も夫も多忙になってきたので、ハロウィン仮装、衣装作りは断念することにしました。100均で買ったオレンジのアフロのウィッグがあるので、それを被って怖い化粧をする程度は可能なのですが、あいにく今の住まいの周り(徒歩圏内)には、お店もイベント会場も無いため、ご近所訪問的なことができません。池袋の中心まで出れば、サンシャインや駅周辺で仮装が許可出ているらしいのですが、そういう場所に出向くまでの気力体力そして時間が・・・無い。

その代わりに、京都時代に、京都のノムラテーラーさんという生地屋さんで見つけたUSAコットンのかぼちゃ柄の生地を使った付け襟を作っていたので、これで少しばかりハロウィン気分を取り入れてみたいと思います。ノムラテーラーもまたいつか行ってみたいなぁ。本当に大好きなお店でした。

IMG_4785 22.jpg