水産、からの、農業(夏の高校野球100回大会)

2018.8.21

決勝戦。

甲子園の試合を涙流しながら見たのは初めてでした。

地方の県立(公立)の農業高校から甲子園勝ち上がってきたミラクルと、決勝戦中盤から力尽きながらも、強豪大阪桐蔭を相手にチーム一丸で最後まで助け合いながら試合に挑んだ姿に、加齢のせいか徳光和夫アナ状態になってしまったのでした(T ^ T)

本日の高校野球、甲子園球場の入場者数は過去最高だった1990年を上回ったとのこと。1990年は第72回大会の時でした。この年は、忘れもしない、私が高校一年の時で、決勝戦は奈良の天理高校と沖縄水産との対決でした。私の母が沖縄出身で(母の出身高校が沖縄から最初に甲子園に出場した首里高校だった)沖縄勢が初の決勝進出ということで、連日水産高校を応援しておりました。が、天理高校の前に力尽き、沖縄県民の悲願だった優勝はお預けとなったのでした。沖縄県民にとっては甲子園での優勝というのは戦後からずっと続いていた特別な思いがあり、その悲願が達成されるか!という期待が、甲子園球場の入場者の数に込められていたのかと思います。

今回の金足農業も、地方の公立高校ながら優秀な投手を擁し、強豪揃いの私立に果敢に戦いを挑み、仲間同士支え合いながら勝ち進んできた軌跡が、私はかつての沖縄水産に少しダブって見えてきました。


正直、私も埼玉のいわゆる普通の公立高校出身なので、公立である金足に頑張って欲しい…とは思っていたけれど、私立高校の強豪は情報量や戦略の引き出しや選手の層のレベルが違いすぎるから(準々決勝で埼玉の浦和学院が桐蔭にフルボッコにされた時点でもう見えてしまった)金足の吉田投手が交代してからは、とにかく最後までめげずに、無事に試合を終えて欲しいと思いながら見ていました。

でも、この試合は、次への布石や夢をつないだ大きな意味がある準優勝だったはずです。そして、公立高校の夢というか、やり方次第で私立の強豪とも渡り合えるという自信や可能性を拓いたと思います。勿論選手や監督、関係者は悔しいだろうけれど、とにかく今はゆっくり休んでくださいと心から思います。