大人向けパックマンバッグを作成

新宿にある「オカダヤ 」さんで、パックマンの生地をみつけました。

パックマンといえば、概ねアラフォー以上の世代の方にはおなじみのゲームですが、私は最近になってニンテンドークラシックミニを購入してからプレイしたのですが、結構難しく、まだ小学校の頃にやりなれていたスーパーマリオの方がまだマシというぐらいでした。

その、ゲームの画像を生地にしたというナイスアイデア!これを見た途端、これは、裏地を張ってバッグにしたいなと直感のようなものが働き、とりあえず「メイズ柄」オックス生地の黒色を1メートルほど購入。手作りのバッグだったら1メートルあれば足りる長さですので、最初はまずこれを購入。

自宅にて、購入した生地とバッグの作り方に特化した手芸本を読み返し、自分の中で色々アイデアを煮詰め、およそ3年ぶりに使い始めたアドビのAIを使って、完成予想図案を作ったのでした。
PAC.png
数年ぶりにイラレを使ったので、以前のものと(確かCS5ぐらい?)仕様が色々違っており、ここまでもってくるのがやっとでした(汗)

持ち手と底部分切り替えに黒の無地を配置。「アラフォー世代でも使えるキャラクターグッズ」ということを意識したデザインです。パックマンの生地のベース色が黒なので、この黒を生かした大人っぽい雰囲気にまとめたいと思いました。
大きさはA4サイズの書類が横向きで無理なく入る大きさですが、横幅は40cmを切っています。私のように小柄な人間だと横幅が広すぎるバッグだとちょっと扱いにくいことがあるので。(旅行カバンなどは別)

内側に仕切り用ポケットや、上部開閉はファスナー式など、本を読みながら作成の工程をシュミレーションし、必要な生地を追加で購入していざ作成。

IMG_4364.JPGIMG_4365.JPG

途中経過端折りすぎですね(汗)
というのも、作成中は色々トラブルというか、家庭用ミシンの限界を感じさせるようなことがいくつか発生し、バッグ外側にショルダーベルトを取り付けることを泣く泣く諦めることになったりなど、とりあえずバッグ本体をここまで完成させることで精一杯になってしまいました(大汗)

ですが、完成したバッグ自体は個人的には気に入っており、布なので非常に軽く、芯を貼っているので程よい硬さも出て、自立も可能な点は満足しています。

2018年6月現在ではオカダヤさん店頭では販売しておりますが、キャラクターや版権ものの生地は入れ替わりも多いので、パックマンの生地が気になる、欲しいという方は、早めに購入した方がよいかもしれません。