鳩とカラス対策(2018年5月現在)

新居に引っ越してから4月中旬以降、飛来してくる鳩やカラス対策の日記です。

以前の京都の住まいでは鳥がベランダにやってくることは皆無だったのでこれは私も夫も想定外。しかし早めに対策をしないと、ベランダに棲み家を作られても困るので、鳥避けの対策に乗り出しました。主に4月中の記録をまとめました。


(1)現状の鳥被害レベル
ネットを検索すると「日本鳩対策センター」という会社がヒットしました
https://www.hatotaisaku.jp
私はこんな企業があることを知らなかったのですが、自宅やマンション以外、公共施設や工場でも鳩害対策が必要だとすると合点がいきました。


その中の「鳩の被害レベル」のページ

https://www.hatotaisaku.jp/level/ こちらのページで判断する限り、4月現在では自宅の現状は被害のレベル1程度。 この段階ならまだ鳩やカラスを自力で追い払うことは十分可能なので、引っ越してから手付かずだったベランダの掃除と、マンションの外観規制にひっかからないよう、目立たないもので対策する方向で検討することに。


薄曇りで風のほとんど吹かない日の朝から、まずはお掃除。

鳩やカラスが非常によく留まる屋外の給湯設備の上側、窓、エアコンの室外機周りも可能な限り綺麗にしようとしましたが、作業は中々大変。中でも給湯器の上部は、ベランダ床面から2M程上にあるので、男性でも脚立を使わないと掃除ができない高さだったので、止むを得ず私は三段の脚立をベランダに持って来て、極力下を見ないように慎重に掃除しました。日中夫は仕事や出張で不在だし、鳩やカラスは巣作りの時期真っ最中で、早めに対策しないと占拠されてしまうので。しかし、万が一姿勢を崩して転倒でもしたら非常に危険なので、この作業は極力背の高い人にやってもらうか、どうしても難しい場合は業者さんに依頼する方が安全かと思います。安易には絶対に真似をしないようにしてください。


2)鳩対策グッズを設置

自宅から一番近くて大きいホームセンターに行き、園芸用品売り場で、アマゾンでも取り扱いのあった対策グッズを購入してきました。全部あわせて約2千円ほどでした。

8800045_2284146220_210large.jpg


左と真ん中のものは、いわゆるトゲトゲシートで、猫用のものに比べるとトゲが長いのが特徴。右側のハト逃げるという箱の中身はワイヤー。そのワイヤーをセットして取り付けるために、補助用の結束バンド(これは自宅にあったもの)
まずは給湯器の上対策として、黒のトゲシートを用意(店頭在庫が1個のみだったので、ひとまず1個だけでも購入)して、置いてみたのですが…

8800045_2284146218_156small.jpg

足りない(笑) なので、ここには透明のトゲトゲシートを置くことにしました。

8800045_2284146215_108small.jpg

トゲトゲを樹脂製の板の穴に差し込み(抜けやすいので養生で留めながら)全部セットできたところで、給湯器の上部に設置。強風等で飛ばないように、養生で裏側を留めたのち、ぐるりと荷造りヒモで縛っておきました。給湯器の点検の際には外す必要が生じるはずですが、当座の鳩対策が優先なので。

8800045_2284146214_236large.jpg


なお、黒いトゲトゲはエアコンの室外機の上部に設置しました。ここは養生テープで留めました。一部だけしか覆っていませんが、何もしないよりは全然マシだろうということで。

次に、ベランダの手すり部分の上にはと逃げるワイヤーを。ワイヤーというかテグスみたいなものですが、これで鳩がベランダに留まりにくくする作戦。長さは10mでなんとか間に合いました。粘着テープで固定するのですが、念のため結束バンドを併用して固定。また、透明トゲトゲは給湯設備周りの手すりにも設置。これらを結束バンドで固定。

8800045_2284146210_183small.jpg8800045_2284146212_213small.jpg


とりあえず、グッズでの対策はここまでです。
設置後に、ベランダに蚊取り線香を。鳩というよりは、鳩が連れてきたりした虫や、埃と一緒に飛んできた蚊などの対策として。(煙や灰が隣家のベランダに飛ばないよう注意しながら)


この作業を終えたのが4月下旬のこと、その後一度カラスの糞がベランダに落ちていたことはありましたが、現在では鳩もカラスもすっかり自宅ベランダには姿を見せなくなりました。この一連のグッズ対策に加え、ベランダの水撒きを数日に一度程度、手すりや床面の掃除も同様、窓や網戸拭きを1週間に一度程度やるようにしたことも効果があると思われます。つまり鳥たちにとって、人間の目がいつでも光っていて居心地が悪い場所だと思わせることがキモなのでしょうね。


現在の自宅界隈には、神田川沿いの桜並木や、各種学校や大学のキャンパスなどがあり、ある意味自然が都会の中では豊かなので、鳥をはじめ木々で暮らす生き物には比較的都合が良い場所になっているので、対策は常に心がけておいた方が良さそうです。心配なのは台風等で対策グッズがダメージを受けたり、飛ばされてしまって近所迷惑にならないかどうかということ。これは引き続き様子を注視していく所存です。