祇園祭の思い出その2:山鉾

今月(2018年7月)に入ると、京都の中心部は祇園祭のムードが一気に高まります。中でも多くの人々の関心を集めるのは、各山鉾町の山鉾建てと、祭囃子のコンチキチンの音色でしょうか。特に祭囃子は遠方からわずかに聞こえてきて、あのお囃子はどこから聞こえるのだろう…と、ついついその場所を探してみたくなったり。 山鉾建ては京都の中心部、四条烏丸を中心に設営されるのですが、その期間は道路が封鎖、通行止めになります。これは2017年度の菊水鉾のある室町通り。菊水鉾は大型でお囃子もありますので、準備期間は色々大変なのですが、こちらは拝観料込みで、ちまきやお札を購入すると、鉾に入場(乗る)ことができるのです。私も一度利用したことがありましたが、今から数年前の記憶なので、最新情報をまた確認した方が良いでしょう。 昨年私が撮影した写真の中に、長刀(なぎなた)鉾が建てられていく様子を収めたものがありましたので、こちらを載せます。 祇園祭の山鉾は、すべて木と縄で組み立て、固定されていきます。これで山鉾巡行の際の衝撃を吸収する構造になっているのだそう。屋根の上に伸びる真木(しんぎ)の組み立て作業。この先っちょに長刀が取り付けられます。 よく見ると組み立てた本体部分が横になっています。 それにしても炎天下の中の大変な作業。多くの人が汗を流しながら建てていきます。お疲れ様です。 夕方、ついに鉾頭が立ちました。右隣のビルの屋上にも届きそうな高さ(約25m)懸想品等が掛けられ、いよいよ完成間近です。格子で覆…

続きを読む