文化服装学院生涯学習部・服装コースの学習を振り返るその3

前回からの続きです。 中期の課題について 前回までに(1)原型(2)ボトムス(3)シャツブラウス、と、課題を続けてきまして、これからは中盤の課題に入ります。全部の課題を通して一番ジャンプアップが期待できる課題が続き、また、最終課題への布石となった課題でもありました。 4回目、ワンピースの課題 全部の課題を通じて一番制約が少なめの課題でした。シャツブラウスの際は袖やカフス、襟があるデザインの条件が課せられていましたが、ワンピースは袖あり、ファスナーかボタンどめでの着脱を想定したもの以外は自由ということでした。ですので、袖もカフスは必須ではなく、襟もデザイン上不要であれば作らなくてもOKです。この課題では、私が母親からかなり昔に譲り受けたデッドストックの布を使い、昭和の奥様のようなクラシカルな雰囲気のワンピースを作ることにしました。母が若い頃に持っていた生地でしたが、勿体無いと思って長いこと使われておらず、それなら洋裁の学習をしている今だから使おうと決めました。 ただ、ここで大きな問題が。ヴィンテージ、デッドストック、古着あるあるなのですが、生地の劣化、痛みが新品と比べて格段に多いのです。洗っても落ちないシミだったり、素材によっては虫食い、カビ、歪み、素材そのものが耐久性を失って、最悪の場合朽ちていくということも珍しくありません。古いものはそういったダメージを含めて受け入れる必要があります。私が使おうとしていたこのデッドストックの生地も例外ではなく、薄いジョーゼット風の生地の上に刺繍(おそら…

続きを読む

文化服装学院生涯学習部・服装コースの学習を振り返るその2

2023年、新年あけましておめでとうございます。すっかり更新がご無沙汰になっていました。。。。言い訳をしますと、コンペ作品の作成〜応募が重なっており、そちらを優先させていたためでした。しかしその休眠状態中でもアクセスはちょこちょこありましたので、訪問してくださった皆様、ありがとうございました。今年もどうにか更新は続けていきたいと思います!! 今回もタイトル通り、文化服装学院生涯学習部の通信教育を振り返る日記その2です。前回までの日記はこちらです。 初期の課題について(1〜3回目) 初回の課題は、自分の原型を作成する、というものですが、服装コースは最速で修了できたとしても半年程度はかかるかと思われます。それは課題を提出して、採点などがされて返却されるまで10日~半月程度時間を要するためです。その間に一つ私は注意していたことがありました。それは・・・「体型をキープすること」でした(笑)というのも、体型が変わると原型も当然変わってきてしまうので、その度に再度原型を作り直す必要が出てきてしまうためです。服装コースは試着して着心地やフィット感を確認しながら作成することがとても重要なので、極力体型の変化は避けたいところであります。私はどうにか修了するまでの約一年半、体型は概ねキープできました。152センチ体重は●●キロで、決してスタイルは悪くもなく良くもないのですが、初期の数回の課題の時点で、着る人の体型に沿った仕立ての服は、とても着心地が良いことを身をもって知ったため、自分自身の体型に似合うもの作りを…

続きを読む

文化服装学院生涯学習部・服装コースの学習を振り返るその1

める屋です。11月に入り少々イベント関連等で多忙だったことや、日記の準備等で時間がかかり、更新に少し時間が開いてしまいました💦💦💦おおよそ一ヶ月半ぶりのブログ更新です。今回のブログは、2022.11.3に開催された「文化服装学院生涯学習部」の、表彰式に参加するまでの道のり、文化服装学院生涯学習部・通信教育の服飾コースのスタートから修了までの過程を題材にしたものです。これから数回に分けて書いていきます。 【文化服装学院の通信教育について】そもそも文化服装学院生涯学習講座とは、渋谷区代々木にある、服飾・ファッションの名門「文化服装学院」の、通信教育、スクーリング、オープンカレッジなど、本科の学生さんとは別に、社会人の皆さんや、他の学校に通いながらファッションの勉強をしたい学生さんなどが在籍しています。その他にも高校生対象のファッションコンクール等などの取り組みもありますが、今回は私が学んだ「服飾コース」でのお話をメインに書いていきます。 元々私はお洋服やファッション、古着などが好きだったのですが、その他にもコロナ禍以前から、友人からの依頼などで手作りの舞台向けの衣装や小道具を制作する機会なども時々ありました。そして2020年の初期からはコロナ対策としての布マスク制作など、手作りの機会が急激に増えたこともあり、この機会にしっかり服飾や縫製について勉強しておいた方が良いなと感じたのがきっかけで、文化の通信教育の受講を決めました。課題は全部で8つほどあり、私はスタートから約1年半で終了しましたが、早い人…

続きを読む